副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の治療  >  副鼻腔炎の薬物療法で使われる治療薬は?

副鼻腔炎の薬物療法で使われる治療薬は?


副鼻腔炎の治療法のひとつに薬物療法があげられます。
手術は行わないで保存療法による治療で回復が見込まれる場合が多いですが、そのときいくつかの薬を用います。

どんな治療薬を使用して副鼻腔炎は治療されるの?

まず、マクロライド系抗生物質です。
具体的にはエリスロマイシン、クラシス、クラリシッド、ルリッド、リカマイシンなどです。
炎症の原因となっている菌を抑制し、症状を改善させるはたらきがあります。
抗生物質としては比較的副作用が少なく安心できます。

そう聞くと安心できるね。

しかし、他の薬物との相互作用に注意しなければいけません。
例えばテオフィリンという気管支喘息の治療薬との併用は痙攣などの副作用を起こさせる可能性があるので要注意です。

他にはどんな治療薬があるの?

粘液溶解剤です。
日常生活においてもストレスを感じさせる鼻づまりを解消させるために使用します。
具体的にはムコダインです。
同じ目的のために使用されものとしては、ムコソルバンという粘液溶解剤やアクディームやレフトーゼなどの酵素製剤があげられます。
これらの薬も副作用はめったにみられません。
万が一、気になる症状がおこれば、すぐに医師に報告しましょう。

内服薬以外にはどんな治療薬があるの?

血管収縮薬で、直接鼻に注入するものですね。
鼻腔の自然孔をひろげ、鼻づまりをやわらげる働きがあります。
具体的にはプリビナ、ナーベル、トークです。
とくに副作用はみられませんが、乱用は禁物です。
薬は決められた用量、用法を守り、医師の指示に従うことが大切です。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ