副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の治療  >  副鼻腔炎が治るまでの治療期間は?

副鼻腔炎が治るまでの治療期間は?


副鼻腔炎を発症すると耳鼻咽喉科がある医療機関を利用して、専門医よる正確な診断のもと適切な治療をうけることになります。
そこで、気になることのひとつとして、治療期間の目安があると思います。

そうね。
副鼻腔炎はイメージとして、なかなか治りにくい印象があるわ。

副鼻腔炎にも急性のものと、慢性のもがあります。
小児によくみられる、風邪をひいたことがきっかけとなって、副鼻腔炎を併発してしまうものなど急性副鼻腔炎であることが多いです。
早期治療を開始して、抗生物質による薬物治療や、副鼻腔にたまった膿の洗浄をしかっりと行えば、早ければ数日から数週間で改善します。

早期治療がひとつのポイントになるわけね。

そうです。
急性であれば治療期間もそれなりの日数で改善が見込めます。
ただ、再発防止のためにも、回復経過がみられても、しっかり副鼻腔の状態がきれいになるまで治療することも大切です。
再発をくりかえしたり、治療開始が遅く重症になると、慢性副鼻腔炎になることも懸念されます。

慢性というぐらいだから、治療効果もすぐにあらわれないの?

そうですね。
だいたい3か月程度は、治療期間として考えられます。
抗生物質の長期少量に服用する一般的な抗生剤とは少し異なる特殊な投与方法をとって、改善をはかります。
患者にとっては、薬ばかり服用して、なかなか症状改善がみられないと不安になりますが、いたずらに薬が処方されているわけではありません。
そのことは理解しておいて、むやみに焦せる必要はありません。

慢性副鼻腔炎だと目安は3か月かぁ...。

そうですね。
それでも改善がみられなかった場合には、手術治療などが検討されます。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ