副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の治療  >  副鼻腔炎を治すにはどういった治療法があるの?

副鼻腔炎を治すにはどういった治療法があるの?


副鼻腔炎になると早期治療することが大切です。
「なんとなく鼻づまりを感じるが、まあいいかぁ...」と治療を先延ばしにしては、症状がなかなか改善されません。
病院に耳鼻咽喉科を受診して適切な治療することが大切です。

副鼻腔炎の治療法とは、どんなものなの?

副鼻腔にたまった膿をとつ排膿洗浄という治療法ですね。
洗浄する方法として3種類あげられます。
副鼻腔のひとつの上顎洞に特殊な針で膿を吸引する穿刺洗浄です。
他には、薬を注入しながら膿を吸引すプレッツ置換法、それを応用したヤミックカテーテルがあります。

膿を取り除く治療法のほかにはどんなものがあるの?

薬物療法があります。
内服薬として、副鼻腔に炎症をおこさせる細菌感染を抑えるたえめ抗菌薬があります。
また、鼻みずの症状があって粘着性などが強い症状を抑えるために消炎酵素薬を使用します。
また、ネプライザー療法という治療法もあります。

聞きなれない言葉だね。

鼻粘膜に抗菌薬を含んだ吸入薬を噴霧する治療法のことです。
ネプライザーというのはその噴射器の名称なのです。
もちろん、鼻腔から副鼻腔にかけて粘膜は炎症をおこし膿をためているので、塞がった鼻腔の自然孔を開けるために、はじめに血管収縮薬を噴霧してからの治療となります。

治療法もいろいろあるのね。

はい。
急性副鼻腔炎はこれらの治療法で改善が期待できます。
しかし、副鼻腔炎が長期におよび慢性副鼻腔炎になると、保存療法に効果がみられない場合は手術療法を用いることもあります。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ