副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の治療  >  副鼻腔炎を治す為の手術ってどんな治療法なの?

副鼻腔炎を治す為の手術ってどんな治療法なの?


慢性副鼻腔炎で薬物療法や肺膿洗浄を一定期間にわたり行っても症状に改善がみられない場合は手術による治療が行われることがあります。

まさか、鼻づまりから手術するとは考えられなくて戸惑うわ。

慢性の症状がひどくなれば、鼻の粘膜に鼻茸と呼ばれる白いキノコ状のポリープができることもあります。
この鼻茸が複数でき、鼻の中を圧迫し空気の通りを塞いでしまいます。
外見上、鼻の穴から露出することも考えられ、ここまで重症となれば、やはり手術による治療が行われます。

手術と聞くと、やっぱり不安になるわ。

たしかに、かつては副鼻腔炎の手術は大掛かりなものでした。
口の中から、上部の歯肉部分を切開するなど、患者の身体的負担は大きなものだったのです。

聞くだけでもとっても大変そうに感じるわ。

しかし、現在では医療技術進歩により、大幅にリスクが軽減され、身体的負担も小さくなりました。
事前にCT検査による画像診断によって、鼻の内部の様子を詳細に検査して、内視鏡を用いて行います。

手術時間はどれくらいかかるの?

副鼻腔の状態にもよりますが、1時間から2時間程度です。
麻酔は局所麻酔、また場合によって全身麻酔も使用されます。
症状に差があり入院日数も一概には言えないもので、1日から10日程度と幅があります。

術後に関してどうなるの?

もちろん、手術すればそれで済むというものではありません。
しばらくは、保存療法をつづけ、しっかりと術後経過をみます。
退院した後も、しばらくはマスク着用するなどして、副鼻腔をケアすることも重要になります。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ