副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の治療  >  妊娠中における副鼻腔炎の治療方法は?

妊娠中における副鼻腔炎の治療方法は?


副鼻腔炎を患うともちろん抗生物質を服用して炎症をおさえる薬物治療が一般的ではあります。

そうね、耳鼻科にいくとお薬を処方をされるわ。

治療としては、少量の抗生物質を長期的に服用することで回復をみるものです。

どしても副作用が気になるわ。

当然、抗生物質ということで副作用が気になるところなのですが、そもそも副鼻腔炎で用いられるものはそこまで強い抗生物質でありません。
また、担当医よりしっかりと計画的に処方されますので、安心できます。
しかし、注意が必要なのは、妊娠中における副鼻腔炎の治療です。
妊婦には胎児に影響を及ぼす危険がある抗生物質は処方できないからです。

じゃあ、妊婦さんや、その可能性がある女性にはどんな治療を行えばいいの?

微量の薬品と蒸留水によるネブライザーによる鼻の中の清浄がメインとなるでしょう。
また排膿を促すムコダインという薬品を処方されることもあります。
しかしながら、抗生物質の服用の効能に慣れた方にとっては、この治療だけではなかなか苦しいことも多いようです。

妊娠中ということもあって、そもそも体調も不安定だし、とても大変だと思うわ。

妊娠5か月を経過していれば、医師との相談によっては、妊婦に比較的安全とされる抗生剤や鎮痛剤を処方される医師もいます。
しかし、これには、きっちりと医師との細かな相談が絶対に必要です。
なによりも、元気な赤ちゃんの出産が待望されますので、母親としての踏ん張りどころでもありますが、一人で悩まず、どんどん担当医に相談しましょう。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ