副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の治療  >  副鼻腔炎の治療で使われる抗生物質の副作用は?

副鼻腔炎の治療で使われる抗生物質の副作用は?


副鼻腔炎に対する治療法はさまざまありますが、最もポピュラーな治療法は薬物療法でしょう。
なかでもマクロライド系の抗生物質を長期的に服用することが一般的です。

マクロライド系抗生物質?

はい。
14員環マクロライドであるエリスロマイシン、クラリス、クラリシッド、ルリッド。
また効果は劣るといわれていますが16員環マクロライドのリカマイシンもあげられます。

あまりに専門的でなかなか、ぴんとこないね。
ただ、マクロライドという種類の抗生物質を長期間にわたって服用するのね。

はい。
マクロライドが鼻の細胞に作用して水分の分泌を抑えたり、粘液も抑制などさまざまな働きをみせます。

なるほど。
でもね、抗生物質って聞くと副作用が心配だわ。
しかも長期間服用するとなれば、余計に気にかかるわ。

確かに長期間服用なのですが、もちろん、一回に服用する量をその分、大幅に少なくします。
それら抗生物質の適応とされる量のおよそ半分以下を長期少量に服用して効果をみるのです。
そうはいっても、やはり抗生物質の副作用は気になる方は多いでしょう。

とくに、子供が副鼻腔炎にかかっていると親はとっても心配になるし、当然副作用に敏感になると思う。

そうですね。
一般的に抗生物質の副作用として、耳鳴りやけいれん、歯の着色、常在菌を減少させるなど多くの症状が懸念されるものです。
しかし、安全性と症状改善を確立したものとしてとられている治療法なので、小児、大人も安心できるものです。
実施にも副作用がみられることはほとんどないですが、他にも飲み合わせている薬などがある場合や不安に感じることがあれば、自分で判断しないで担当医にしっかりと相談しましょう。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ