副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の治療  >  副鼻腔炎の場合どのような診断や検査をうけるの?

副鼻腔炎の場合どのような診断や検査をうけるの?


風邪をひいてから、なかなか鼻づまりが治まらない。
また、鼻みずの色も緑黄色で粘着性が高く膿のような状態である。
これら副鼻腔炎の症状がみられた場合、病院の耳鼻咽喉科に早めに受診するのがよいでしょう。

病院ではどんな診断や検査をうけるの?

もちろん、先にあげたような症状についての問診が行われます。
さらに、実際に鼻の内部を視診しながら、鼻粘膜の状態の確認を鼻鏡や内視鏡などを使用して行います。
その際、簡易の麻酔薬を鼻の内部に塗布したり、また血管収縮薬をスプレーで吹きかけたりします。
風邪をひいた後によくみられる急性副鼻腔炎であれば、このような検査のもと、適切な治療が行われます。

急性でなく慢性的なものだとどういう診断なの?

もともと、副鼻腔炎は一度診察して、処方さえれた薬を服用すればぐに治るというような疾患ではありません。
ある程度、長期的な治療期間が想定されます。
しかし、3か月以上たっても、症状が改善されない場合は、慢性副鼻腔炎となります。
鼻づまりの状態も悪ければにおいを鼻で感じることもできなくなるでしょう。
もっと具体的に鼻の内部、つまり副鼻腔の内部の膿のつまり具合などを検査することになります。

どうやって検査するの?

エックス線検査やCT検査による画像診断を行います。
もちろん、CT検査のほうが、より具体的に副鼻腔の状態を診ることができます。
上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞それぞれの副鼻腔にたまった膿の状態や腫れの状態を細かく調べることができます。
また奥歯の根幹部の膿傷によっても、副鼻腔の原因も考えられますので、歯のエックス線検査も行うこともあります。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ