副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の疑問  >  幼児や子供と大人の副鼻腔炎の違いや特徴は?

幼児や子供と大人の副鼻腔炎の違いや特徴は?


副鼻腔炎は幼児期に多くみられる病気でもあります。

確かに印象としても幼い子供は緑色の鼻みずをたらしたり、鼻をグスングスンしている仕草が多いと思うわ。

大人に比べると幼児の副鼻腔の大きさは非常に小さいです。
つまり、すぐに副鼻腔の内部が膿でいっぱいになって過剰な鼻汁につながります。
また、副鼻腔と鼻腔の構造も大人と少し違いがあります。

どんな違いがあるの?

もちろん大人も副鼻腔と鼻腔はつながっていますが、子供はそのつながっている部分の大きさが広いのです。
ですから、鼻腔でおこった細菌やウィルスによる炎症がそのまま副鼻腔に影響を受けてしまうことが多いのです。
子供が風邪をひくと副鼻腔炎を併発することが多いのは、このことが原因なのです。

なるほどね。
病気に対する抵抗力もしっかり養われていない子供であれば、尚更発症しやすいわね。

そうですね。
しかし、大人に比べると治療をすると回復が早いことも子供の副鼻腔炎の特徴です。
慢性副鼻腔炎に移行してしまうことはあまりないです。
しかし、繰り返しかかることが多いので、その都度、しっかりと治療することは大切ですね。

他に気をつけることはあるの?

小学生であれば夏場は体育の授業でプールがあるでしょう。
副鼻腔炎の治療中であれば、水中の菌や塩素が原因で症状が悪化することもあるので、医師と相談してみましょう。
また小児副鼻腔炎はアレルギー性鼻炎を合併することが多いので、病院で適切な診断を受けることが大切です。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ