副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の疑問  >  プールやスイミングが副鼻腔炎に良くない理由は?

プールやスイミングが副鼻腔炎に良くない理由は?


副鼻腔炎になると鼻づまりや鼻汁などの症状で、日常生活を送るなかでも、ストレスを感じてしますことも多いです。
また、鼻みずも無色透明ではなく、黄色や緑色の膿のようなものになります。
子供がこれらの症状を伴った副鼻腔炎にかかったら、親として注意して体調管理してあげてほしいこともあります。

注意して管理することかぁ...。
具体的にどんなこと?

学校の体育授業などのプール授業ですね。
もちろん、自主的にスイミング・スクールに通っている場合も注意しましょう。
基本的には副鼻腔炎になると治るまではプールに入ることは避けた方がいいです。

どうして?

症状が悪化することがあります。
プールの水中のゴミなどが、副鼻腔の粘膜の炎症を悪化させる可能性があるからです。
また、プールの水には何が含まれているか知っていますか?

ただの水じゃなかったっけ。

塩素系消毒剤です。
水中をできるだけきれいに保つために、塩素が含まれています。
その塩素が原因で副鼻腔の粘膜を刺激してしまい、腫れをひどくさせて症状を悪化させることも懸念されます。

なるほど。
副鼻腔炎に悪く作用するものがプールにはあるんだね。

はい。
現在すでに治療中で、症状もよくなり、プールに入ってもとくに悪影響がでなかったという方はスイミングを禁止する必要はないという判断もできるでしょう。
しかし、膿のような鼻みずや、頭痛などもともなうようでしたら、やはり、担当医に相談してみましょう。
勝手な判断で、プールに入り続けては、なかなか症状の改善がみられなくなってしまいます。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ