副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の疑問  >  副鼻腔炎を放置し続けることによる影響は?

副鼻腔炎を放置し続けることによる影響は?


副鼻腔炎に限らず、病気をそのまま治療もしないで、放置することは非常に危険なことです。
副鼻腔炎は「よくある鼻づまりだから大丈夫」と軽視してしまう方が多い疾患なのですが、やはり早期治療が大切です。

でも、放置して改善したということも聞いたことがあるわ。

急性的な症状であれば、人が本来もっている自然治癒力で改善されることもあります。
しかし、症状がみられなくなったからといって、安心してしまうこともできません。
何故なら、副鼻腔炎は再発がよく起る疾患でもあります。

どうして再発してしますの?

原因のひとつとして、十分でない中途半端な治療のまま放置してしまうことがあげられます。
副鼻腔の粘膜の状態、たまっている膿のきれいな洗浄など、徹底的に治療することが再発防止につながります。
「なんとなく良くなったから大丈夫」といった自分勝手な判断することはよくありません。

自分の判断ではなく、医師による適切な診断をうけたほうがいいのね。

はい。
また、症状を放置すると当然、症状悪化につながることがほとんどです。
慢性副鼻腔炎になると、鼻茸と呼ばれるキノコ状のポリープが鼻の中にできたり、気管支炎や脳にも炎症をおこすなど様々な合併症の危険性もあります。
意識障害など、また大げさに聞こえるかもしれません死に至ってしまう危険もあるのです。
重症化がすすんでしまえば、もはや薬物療法でもなかなか改善が難しくなります。
放置して重症になる前に、正しい治療をうけるためにも病院を受診することが重要です。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ