副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の疑問  >  副鼻腔炎によって引きこされる合併症は?

副鼻腔炎によって引きこされる合併症は?


副鼻腔炎になると頭痛や鼻づまりの症状にも、もちろん注意しなければいけませんが、また併発する合併症にも気を付けなければいけません。

合併症?

そうです。
副鼻腔炎が原因となって他の病気が併発してしまうのです。

ただでさえ苦しいのに、さらに違う病気の苦痛が増えてしまうなんて、避けたいわ。
具体的にどんな合併症があるの?

まず、鼻茸(はなたけ)という病状があります。
別名で鼻ポリープとも呼ばれる病気で、繰り返し副鼻腔に炎症をおこすことで、内側の粘膜に水ぶくれのような白いキノコ状のポリープができるのです。
鼻茸が外見上でも分かるほど表出してしまうこともあります。
また嗅覚を鈍くし、ひどくなればまったく匂いを感じれなくなることもあるので軽視できません。

他にも合併症はあるの?

眼におこる合併症もあります。
眼窩内感染症、視神経炎がおこり、目に痛みを感じたり、涙が止まらなくなることもあります。
副鼻腔は眼に近く、このような疾患につながります。
さらに、脳に関する合併症もあります。

副鼻腔炎から脳につながる疾患があるなんてなかなか想像できないわ。

だからこそ、怖い病気ですね。
副鼻腔炎だけでなく合併症も考えなくてはいけません。
副鼻腔の炎症が脳にまですすんでしまい、脳膿症、髄膜炎、硬膜下膿瘍などを起こすことがあるのです。
たかだか鼻づまりだと放置していた副鼻腔炎が、意識障害や麻痺などを伴う脳障害まで拡大してしまう可能性があるのです。
もちろん死に至る危険性もあり、とにかく早期治療で適切な治療法をとることが重要です。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ