副鼻腔炎の治療や症状などの悩みQ&ATOP >  副鼻腔炎の原因・症状  >  副鼻腔炎になるとどういった症状がでてくるの?

副鼻腔炎になるとどういった症状がでてくるの?


なんか最近鼻がつまるっているなぁっと鼻に違和感を感じるとき、考えられる病気はたくさんあります。
花粉症かちょと風邪気味なのだろうと自分で勝手に判断しがちですが、副鼻腔炎の可能性もあります。

副鼻腔炎?
あんまり聞きなれない病名ね。

通称「蓄膿症」と呼ばれる病気ですね。

それは聞いたことあるけど、具体的にはどんな症状なの?

基本的には、痛みや鼻汁、鼻づまりを感じます。
これは副鼻腔に炎症をおこしていることが原因です。

そもそも副鼻腔って何?
どこにあるの?

鼻腔、要は鼻の内部空間には左右対称に四種類の空洞があります。
眉間あたりにある前頭洞、そこから涙腺あたりまである篩骨洞、ほう骨の内洞の上顎洞や蝶形洞の四つをまとめて副鼻腔といいます。

そうなんだね。
鼻は見た目よりも内部では広がっているのね。

はい。
ほかにも、副鼻腔炎の症状として、軽微であることがほとんどなのですが、頭痛や発熱、また目の奥が傷んだりすることもあります。
副鼻腔に膿がたまっているため、鼻みずは黄色やくすんだ緑色になって、悪臭を伴っていることが多いです。
とてもまれなことではありますが、副鼻腔で起っている炎症が眼や脳にまで及んでしまうこともあるのです。
症状として視力低下や意識障害を起こすことも考えられのです。

そうなると、とても怖いわ。
単なる鼻づまりだと決めつけた楽観していてはいけないのね。

その通りです。
症状がひどくなる前に、耳鼻咽喉科を受診して正しい診断をしてもらい早期治療を開始しましょう。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ