副鼻腔炎とは?症状・治療方法について

イメージカット副鼻腔炎は毎年1000万人以上が発症している病気です。多くの方がかかっているのですから、私たちにとって身近な病気と言うことです。

副鼻腔とは、大まかに説明すると、鼻の両脇、目の間、眉上、の4箇所にある粘膜に覆われた空洞のことで、鼻膣の炎症が副鼻腔にまで及んだ状態を副鼻腔炎と呼びます。
症状は、頭痛、鼻づまり、歯痛、目の奥や目の間などの痛みです。

詳しく分類されているので、ご紹介します。

急性副鼻腔炎
急性の風邪などによる鼻炎が原因で発症したもの。

炎症を起こした副鼻腔に腫れが確認でき、その部分に痛みがあります。
鼻から黄色や緑色をした膿が出る、発熱などの症状が出ることもあります。

目の周囲がている腫れ場合は注意が必要です。
数分から数時間で失明する恐れがありますので、腫れや視覚の異常を感じた場合はすぐに病院に行きましょう。

慢性副鼻腔炎
急性、アレルギー性の副鼻腔炎が長引いたり、もともとの骨格によって副鼻腔に膿が溜まりやすい、遺伝的要素、環境汚染なども発症原因になります。
副鼻腔炎の症状が8~12週間以上続く場合は慢性と判断されます。

急性副鼻腔炎よりも症状は軽いとされています。
鼻づまり、鼻汁が黄色や緑色をしている、鼻の充血などの症状が見られ、痛みはあまりありません。

副鼻腔炎の治療は、副鼻腔炎に溜まった膿の排出、抗生物質による細菌除去、消炎鎮痛剤によって痛みを抑えるといった治療が行われています。
慢性であれば治療を継続していく必要があります。

急性、慢性以外に「副鼻腔真菌症」というものもあり、鼻や副鼻腔に存在している真菌が異常に増殖し炎症を起こします。 副鼻腔真菌症の場合は、薬物療法は無効で手術が必要となります。

副鼻腔炎は耳鼻科、耳鼻咽喉科で診療できますので「もしかしたら・・・」と言う方は早めに受診しましょう。

【PICK UP】たった3回あることを実践するだけで本当に副鼻腔炎が改善できるのか?



今回取り上げるのは、薬や手術に頼ることもなく、自宅であることを3回するだけで99%の確率で副鼻腔炎を改善させることができるというプログラムです。

取り上げた理由については下記の6点からです。

■手術や投薬などせずに自宅で実践できる
■薬、手術などのように副作用や後遺症の心配がない
■特別な薬や道具は必要がない
■実践するのに痛みなど我慢する必要がない
■たった3回あることを実践するだけで改善ができる
■実践して改善されなければ全額返金してもらえる

副鼻腔炎の手術を考えている方、色々な治療を試しているけど一向に改善されないという方は一度チェックしてみては如何でしょうか。

自宅でできる副鼻腔炎改善法はコチラ>>

このページの先頭へ